The MASTERS, My Life

毎月最終日曜
午後5:00~5:54

The MASTERS, My Life

歴代王者たち、世界中の選手たち、パトロン、ファン、メディア・・・
それぞれの人たちの『人生=Life』に、それぞれの『マスターズ』がある。

キャスト

    【番組MC】要潤

番組内容

ゴルフファーなら誰もが憧れる世界最高の夢舞台『マスターズ』に特化し、「THE MASTERS」委員長であるビリー・ペイン氏の公認をいただいた、日本で唯一のスペシャルゴルフ番組。今年で81回の歴史を積み重ねてきたマスターズの全てを、海外選手の独占インタビューやドキュメンタリー映像を含め、余すところ無くたっぷりとお届けします。番組MCの要潤さんとスペシャルゲストのトークもゴルフマニア垂涎の内容です。



次回の放送情報

  • 9月24日放送
    Episode 36
    Episode 36

    日本ツアー19勝!2度の賞金王!
    生涯獲得賞金16億円を超える個性派プロ・谷口 徹
    3度挑んだ夢舞台、マスターズを語る

    2002年・2007年と2度賞金王に輝き、通算19勝を誇る日本男子ツアーを代表するトッププロの谷口徹。勝負所で見せるガッツポーズがトレードマークで、近年ツアーではウェッジやパター等のショートゲームで、誰も真似のできない熟練の技を見せている。その谷口徹がプロを目指したきっかけや初めてのマスターズの思い出、オーガスタ特有の難しさ等、3度挑戦した夢舞台の思い出を存分に語る。また、2011年の三井住友VISA太平洋マスターズで、当時まだアマチュアだった松山英樹と最終日最終組で優勝争いを繰り広げたのがこの谷口。その時に間近で感じた怪物・松山英樹の凄さも語っていただく。


    マスターズの知られざる歴史を紐解く
    『The History』
    ♯4 チャンピオンズディナー

    オーガスタで栄冠を手にしたものは、グリーンジャケットだけではなく、世界最高の夢舞台ならではの、特権が与えられる…。
    その特権の一つが歴代王者による晩餐会“チャンピオンズディナー”
    マスターズチャンピオンになった者のみが参加を許されるまさに“王者の集い”。毎年マスターズウィークの火曜日にクラブハウスで開催されるこの催しは一体いつから、どのようなきっかけで始まったのか?
    現役選手は勿論、怪我で本戦に出場しない選手や競技者を引退したプレーヤーもこの時ばかりはとオーガスタを訪れ、歴代チャンピオンのほぼ全員が集結している。その独特の習わしとは?
    その誕生の歴史と変遷を“歴代チャンピオンの決めたメニュー”を含め、その全てを興味深く紹介していく。

    マスターズ委員会のペイン会長が退任
    その多大なる功績と彼が思いを持って創設した大会
    アジアパシフィックアマチュア選手権の歴史を紹介

    2006年から世界を代表する名門クラブ・オーガスタナショナルゴルフクラブをけん引する存在として会長を務めてきたビリー・ペイン会長が今年8月、突如辞意を表明した。封鎖的だったマスターズにおいて、初の女性メンバー受け入れや子供たちによるドライブ・チップ&パット・チャンピオンシップの創設、メディアの取材環境の改善など、時代の変遷に柔軟に対応しつつ、マスターズのより一層の繁栄と発展のために尽力した。数多くあるペイン会長の功績の中で、最も私たち日本人にとって印象深いのがアジアパシフィックアマチュア選手権の創設。『アジア地区のアマチュアにも多くの才能がある。そのゴルファーたちにもマスターズ出場のチャンスを与えよう』という趣旨の元、全米アマや全英アマのチャンピオン同様、アジアアマ優勝者にもマスターズの出場資格を与え、その権利で当時アマチュアだった松山英樹のマスターズ参戦が実現した。今でこそ、世界を代表するトッププロとなった松山英樹だが、このアジアアマが存在しなければ、今の松山英樹の快進撃はなかったのかもしれない。
    このアジアパシフィックアマチュア選手権、第9回大会が2017年10月26日からニュージーランドで開催される。今年は2011年松山英樹以来の日本人優勝の期待を膨らませる楽しみなプレーヤーが参戦する。丸山奨王(ショーン)、あの“丸ちゃん”こと丸山茂樹の息子である。日本人初の親子マスターズ出場はあるのか?番組では大会の見どころを紹介する。

過去の放送

リンク

ページの先頭へ