黒部の太陽

この番組は終了しました。

黒部の太陽

三船敏郎・石原裕次郎が限りない映画への夢を抱き実現させた歴史に残る超大作!不可能といわれた黒部ダム建設に命を賭けた男たちの熱きドラマ!

キャスト

    三船敏郎 石原裕次郎
    二谷英明 宇野重吉 滝沢修 辰巳柳太郎 佐野周二 岡田英次 芦田伸介 志村喬 ほか

スタッフ

    1968年 日本
    製作:三船敏郎、石原裕次郎
    企画:中井景
    原作:木本正次
    監督:熊井啓
    脚本:井手雅人、熊井啓
    音楽:黛敏郎

番組内容

石原裕次郎と三船敏郎。日本を代表する二人の映画スターが、限りない映画への夢を抱いて実現させた世紀のプロジェクト。昭和30年代、不可能と呼ばれた黒部ダム建設に、文字通り命を賭けた男たちのドラマを、映画演劇人総出演の豪華キャストにより、かつてないスケールの空前のスペクタクル超大作!

【あらすじ】
関西電力は、黒部川上流に発電所を建設するため、太田垣社長総指揮の下、社運をかけて黒四ダムの工事を行うことになった。岩岡剛(石原裕次郎)はトンネルを掘るためにどんな犠牲も省みない父に反抗し、家を出て設計技師となっていたが、工事の現場を訪れた剛は、責任者の北川(三船敏郎)の熱意にほだされ、体の弱くなった父のかわりにトンネル掘りの指揮を執る。しかし工事が進むにつれて犠牲者は増え、山崩れと大量の水がトンネルを襲い、剛らはダム工事の難しさを痛感する。莫大な資金の投入と技術陣の科学的な処置の甲斐があり難所を突破。剛は北川の娘・由紀(樫山文枝)と結婚。翌年2月、北アルプスを抜いてトンネルが開通。その瞬間を躍り上って喜ぶ労務者たちの中で、北川は由紀の妹、娘・牧子の死を知らせる電報に接し、激しく慟哭した。数年後、完成したダムの堂々たる姿に無限の感動を覚える。

ページの先頭へ