世界の窓

毎週金曜
よる10:54~11:00

世界の窓

窓のある風景。現在も人々の生活に根付いている窓から見える歴史や文化を訪ねる世界紀行。

番組内容

【番組のみどころ】
 窓は、風の通り道として、また、外の世界との接点として、人々に夢や希望を与え続けてきた。気候や風土、建物の素材などに併せ様々な形の窓がある一方、戦争や侵略から身を護る手段の一つとしても重要な役割を担ってきた。時にはその採光を生かした宗教的芸術として、窓は人々の信仰の対象にもなってきた。窓が見える景色には民族や文化、歴史のアイデンティティーが込められている。
 この番組では、歴史的建物の窓や現在人々が暮す窓の見える風景を紹介し、世界中の人々が窓に込める愛着を紹介する。

次回の放送情報

  • 11月24日放送
    #547ドイツ/ヨルク「エルベ川の灯台」
    #547ドイツ/ヨルク「エルベ川の灯台」

    ドイツ、北部。北海に流れ込むエルベ川のほとりの小さな町ヨルクには、いくつかの灯台が立っている。今も昔もエルベ川を行き交う多くの船を導いてきた。中でも重要な一灯は1905年に建てられたが、今はすでに役割を終えた。競売で買ったという今の主の自慢はライト室の大きな窓から見えるエルベ川のパノラマ。メンテナンスも施し、後世にこの灯台を伝えたいと考えている。

過去の放送

リンク

ページの先頭へ