世界の窓

毎週金曜
よる10:54~11:00

世界の窓

窓のある風景。現在も人々の生活に根付いている窓から見える歴史や文化を訪ねる世界紀行。

番組内容

【番組のみどころ】
 窓は、風の通り道として、また、外の世界との接点として、人々に夢や希望を与え続けてきた。気候や風土、建物の素材などに併せ様々な形の窓がある一方、戦争や侵略から身を護る手段の一つとしても重要な役割を担ってきた。時にはその採光を生かした宗教的芸術として、窓は人々の信仰の対象にもなってきた。窓が見える景色には民族や文化、歴史のアイデンティティーが込められている。
 この番組では、歴史的建物の窓や現在人々が暮す窓の見える風景を紹介し、世界中の人々が窓に込める愛着を紹介する。

次回の放送情報

  • 10月26日放送
    #592ペルー/トルヒーヨ「権力の象徴」
    #592ペルー/トルヒーヨ「権力の象徴」

    ペルー北部トルヒーヨ。町の中心アルマス広場では植民地時代からの大な出窓を見ることができる。中でも目をひくのが全長およそ40mもある大出窓。高さ3m50センチ横が1m20センチの窓が正面に32枚ずらりと並ぶ。角のアール部分と横の部分を含めると窓は合計40枚になる。この建物は1840年頃建てられた。オーナー一族は農業で大成功をおさめ大きな財を築いた。彼らは自分たちの経済力と社会的な威厳を示すためだけにこの大きな出窓を作ったという。

過去の放送

リンク

ページの先頭へ