未来へつなぐ。 土曜スタジアム

毎週土曜
よる11:00~12:00

未来へつなぐ。 土曜スタジアム

「未来へつなぐ。」というキャッチフレーズとともに、TBSグループが更なるメディア融合を図るべく、様々な新スタイルのトライアル番組やセミレギュラー番組で土曜の夜を盛り上げる。

番組内容

このスタジアムではBS-TBSを中心に、TBSテレビ、TBSチャンネル(CS)、TBSラジオ、そしてインターネットなどからそれぞれの特性を活かしたコンテンツを集結させ、この場からさらなる融合を模索する。
更に、舞台は日本を飛び出して世界をも模索。とくに昨今成長著しいアジアをメインフィールドに!
まさにそこは多ジャンルの番組がしのぎを削るスタジアム!
さて、どんな番組がトライを決め、ホームランを放つのか。

【ラインナップ】
<毎月第1土曜日>
Together~だれにも言えないこと~
だれにも言えない悩みはありますか?
あなたの悩みをTogetherならではの相談員が答える!
さらにその悩みが生まれる背景を社会学的見地から分析・考察。
出演:残間里江子、古市憲寿
»詳細はこちら

<毎月第2土曜日>
命の星“地球”生き物たちの物語 知られざる動物の世界

<毎月第4土曜日よる11:00~11:30>
JNNドキュメンタリー「ザ・フォーカス」

その他、スタジアムを盛り上げる強力コンテンツが盛りだくさん!

次回の放送情報

  • 12月16日放送
    JNNドキュメンタリー「ザ・フォーカス」
    「問いかけられた『差別社会』~相模原障害者殺傷事件の1年~」
    JNNドキュメンタリー「ザ・フォーカス」<br>「問いかけられた『差別社会』~相模原障害者殺傷事件の1年~」

    よる11:00~11:30
    「差別社会』が事件の一つの要因だと思う」
    あの事件から丸1年となる7月26日、尾野剛志さんは、現場となったやまゆり園の前できっぱりと言った。障害がある一矢さんを、妻のチキ子さんとともに手塩にかけて育ててきた。だが「障害者なんていなくなればいい」と言った男の犯行で、一矢さんは、一時、意識不明の重体となった。
    現場が障害者施設であることなどを理由に、警察が被害者の名前を発表しなかったこの事件。19人の犠牲者について、ほとんど語られることはなかったが、1年が経過し、1人の遺族の男性が、亡くなった娘の7枚の写真を公開してくれた。
    「コミュニケーションは取れていたのに・・・」。
    男性は無念の思いを静かに語った。
    殺人罪などで起訴された植松聖被告。記者との4通の手紙のやりとりを通じて、なぜ、差別的な思考をもつに至ったかなどを詳細に記した。
    問いかけられた、“「差別社会」とどう向き合うのか”。
    「被害者家族」と「加害者」の1年を取材した。

過去の放送

ページの先頭へ