西村京太郎サスペンス・探偵左文字進6「避暑地の殺人者」

この番組は終了しました。

西村京太郎サスペンス・探偵左文字進6「避暑地の殺人者」

元弁護士の探偵・左文字進が豊富な法律知識をもとに殺人事件の真相に迫る!

キャスト

    水谷豊→左文字進(探偵)
    さとう珠緒→麻生史子(左文字の秘書)
    益岡徹→矢部警部
    西田健→田沼一課長
    伊東貴明→吉野刑事
    有森也実→佐野直美(中谷家の家政婦)
    秋本奈緒美→中谷百合絵(家庭裁判所・調査官)
    石丸謙二郎→中谷憲吾(百合絵の夫)
    新藤栄作→神崎真一(直美の元夫)
    山村紅葉→小日向霧子
    あいはら友子→田中暁子
    棟里佳/麻乃佳世/本橋いずみ/春海四方/田中健三/藤原大輔/吉守京太/青島健介/住吉世メ子/前澤有紀/中条佐栄子/大田ななみ/高杉勇次/松田智恵子/華岡陽子/田辺秀輝/矢島拓海/小倉史也/藤村耕平 ほか

スタッフ

    演出:杉村六郎
    脚本:鈴木貴子

番組内容

探偵・左文字進に夫・憲吾の浮気調査を依頼したことのある中谷百合絵から依頼の電話が入った。軽井沢の別荘で娘・理沙が誘拐されたという。早速、調査を始めた左文字は、住み込みの家政婦・直美に事情を聞く。また、左文字は警察への通報を促すが、夫婦は同意しない。同じ頃、警視庁の矢部警部は、世間が注目する母子殺人事件で、窮地に陥っていた。矢部警部が容疑者を逮捕したのだが、誤認逮捕と判明したのだ。そんな矢部警部を軽井沢に呼び寄せた左文字は、彼を自分の部下と身分を偽り、誘拐事件の調査を手伝わせる。そんな中、家裁の調査員・百合絵への怨恨とにらんだ左文字は、彼女が扱った案件の調査を開始。すると、百合絵が判事の名を語り、独断で特別養子縁組の申立てを取下げるよう強要していたことが判明する。また、直美の身辺調査を進めていた左文字は、直美が元夫・神崎真一と共謀し、理沙を誘拐したのではと気づく。

ページの先頭へ