浅見光彦シリーズ30回記念作品「化生の海」

この番組は終了しました。

浅見光彦シリーズ30回記念作品「化生の海」

沢村一樹主演!「浅見光彦シリーズ」の30作目!

キャスト

    浅見光彦:沢村一樹
    浅見雪江:佐久間良子
    浅見陽一郎:風間杜夫
      ○
    宇戸佳代・深草千尋:藤村志保
    三井所園子:石橋杏奈
    三井所節代:市毛良枝
      ○
    小林部長刑事:古田新太
    山科三郎:渡部豪太
    横山警部:木村祐一
    三井所剛史:新井康弘
      ○
    宇戸武三:竜 雷太

スタッフ

    原作:内田康夫 「化生の海」
    脚本:石原武龍
    演出:村上牧人

番組内容

ルポライターの浅見光彦(沢村一樹)は、旅雑誌「旅と歴史」で北前船の歴史を辿る取材で北海道へと向かうことになった。母・雪江(佐久間良子)から、くれぐれも「警察庁・刑事局長の兄・陽一郎(風間杜夫)に迷惑をかけるような事件にクビを突っ込まないこと」と念を押された光彦だが、訪れた北海道・余市で三井所園子(石橋杏奈)と再会したことで、雪江との約束は崩れてしまう。
再会とは、半年ほど前に光彦が取材で訪れた先の加賀からフェリー乗り場の港で、葬儀の帰りらしき母・節代(市毛良枝)と園子と出会っていたからだ。その時、園子が嗚咽を湛えながら「私のせいだ、私があんなことを言ったからお父さん・・・」と発した言葉が、光彦の脳裏には強く焼きついていた。
光彦は余市にある「北海洋酒」の蒸留所を訪れ、ガイド嬢として働いていた園子をみかけた。タイミングを見計らって光彦が声をかけようとすると、北陸中央新聞加賀通信局の記者・山科三郎(渡部豪太)が「彼女に何の用だ」と、割って入った。山科の話によると、園子の父・剛史(新井康弘)は、娘を大学に行かせるための金策に出かけ、その2日後に石川県・橋立で遺体となって発見されたという。しかも、なぜ縁もゆかりも無い橋立へ向かったのかは家族にもわからなかった為、警察の事件捜査も進展していないという。父は私の為に悪いことをしようとしていたのでは…と自責の念にかられる園子を前に、光彦は次第に事件の謎解明へと動き出すことになる。

ページの先頭へ